JCBゴールドカードの詳細・申込

  1. クレジットカードNow
  2. カードの詳細と申込
  3. JCBゴールドカード
新規入会+利用でもれなくポイント進呈!
目的別ランキング
クレジットカードNow
おすすめ比較
旅行&マイル
生活のお得度
電子マネー付帯
生活スタイルで比較
ブランドで比較
特集
海外旅行特集
ビギナー講座
発行会社で比較
JCBゴールドカード
JCBゴールドカードの入会特典・申込はこちら
JCBゴールドカード詳細
ポイント付与率 ブランド 年会費 ご利用限度額 国内旅行保険
1,000円=1pt JCB 10,000円
(税抜)
初年度無料
公式サイト参照 最高
5000万円
(自動付帯)
ポイント還元率 海外旅行保険
0.47% 最高
1億円
(自動付帯 ※一部利用付帯)
マイル変換 買い物補償
1pt=3mile
JAL・ANA・DELTA共通
最高
500万円
(国内/海外)

海外利用や優待店ではポイント付与率が2倍、国内空港ラウンジ無料利用など充実のサービス。

海外では最高1億円/国内なら最高5,000万円の旅行傷害保険をはじめ、年間500万円限度のショッピング保険付帯など保険・補償も充実。

公式サイトには載っていないワンランク上のカード活用術

JCBが発行するゴールドカード。主要な国際ブランドの中では唯一の日本企業で、世界190カ国の国と地域で利用できる。

海外旅行傷害保険はカード決済がなくても最高5,000万円までは自動付帯。もちろん国内旅行保険も自動付帯。19歳未満のお子様には、家族特約サービス最高1,000万円を補償。医療、お金の相談窓口など、生活に身近なサービスが多く、日本のブランドならではの頼れる内容。

ポイント提携する企業が多く、貯めたポイントを移行したり、他のサービスからポイントを移行してまとめたりしやすい。

通常の「Oki Doki ポイントプログラム」に加え、利用額に応じて翌年のポイント獲得倍率がアップする「JCBスターメンバーズ」がある。年間50万円以上で+20%、年間100万円以上で+50%。自動登録なので手続きの必要はない。

ゴールドカード以上のカード会員で、年間300万円以上の利用の場合、「JCBスターメンバーズ」の最上級グレードとなる。ポイント獲得が+50%となるのに加え、上級会員限定の特典も。

マイレージはJAL・ANAのマイレージに交換可能。マイレージの移行比率は少々低めだが、移行手数料が無料なのを考慮すると、マイレージ移行でもお得なクレジットカード。ポイントサービスに移行するなら、楽天やビックカメラのポイントがおすすめ。

ポストペイ型電子マネー「QUICPay」が付属できる。これは、加盟店での電子マネー決済をまとめて後日請求するJCBカード決済のしくみ。利用総額に対してポイントが付くので、端数も無駄にならない。

東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサー。ディズニー関連の特典が多く、園内でキャンペーンが行われることもある。ディズニーリゾートが好きなら、金額には代えがたい価値を発揮する。

JCBゴールドカードの詳細・申込
JCBゴールドカードの詳細・申込はこちら

今月のPickUp!

三井住友VISAクラシックカード

【CM中!】新規入会と利用で10,000円プレゼント

楽天カード

年会費永久無料。楽天市場をはじめ、ネットショッピングユーザー必携カード。

クレNow特集
新着おすすめ情報
ビギナー口座
カード選びの決め手
クレジットカード選びの決め手

クレジットカードを持っている人が、どんな点を基準に選んでいるのかを検証

クレジットカードの基礎知識
クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの機能や支払い方法などの基礎知識や便利な使い方などを紹介

クレジットカードの名称
クレジットカードの名称

ゴールドカード、学生カード、プレミアムなど、クレジットカードの名称と性格を解説

国際ブランド5種類
国際ブランド5種類

VISA、master、JCB。その違いは?国際ブランドと呼ばれる5つのブランドを解説

発行会社とサービス
発行会社とサービス

クレジットカードの機能や特長、サービスの種類を発行会社とそのサービスを元に解説

メリットとデメリット
メリットとデメリット

ポイント獲得やセキュリティの不安など、カードのメリットとデメリットを双方で考察

クレジットカードヒストリー
クレジットカードヒストリー

長期利用は優良顧客の証。使用履歴で構築されるクレジットヒストリー(信用履歴)とは?