ANAダイナースカードの詳細・申込

  1. クレジットカードNow
  2. カードの詳細と申込
  3. ANAダイナースカード
新規入会+利用でもれなくポイント進呈!
目的別ランキング
クレジットカードNow
おすすめ比較
旅行&マイル
生活のお得度
電子マネー付帯
生活スタイルで比較
ブランドで比較
特集
海外旅行特集
ビギナー講座
発行会社で比較
ANAダイナースカード
ANAダイナースカードの入会特典・申込はこちら
ANAダイナースカード詳細
ポイント付与率 ブランド 年会費 ご利用限度額 国内旅行保険
100円=1pt
※ダイナースクラブ リワードポイント
(1pt = 1マイル相当)
Diners Club Card 27,000円(税抜) 一律の制限は無し 最高
1億円
ポイント還元率 海外旅行保険
0.38% 最高
1億円
ANAマイル変換 買い物補償
1pt=1mile 年間最高
500万円

ダイナースクラブカードのANA提携カード。もちろんEdy機能も搭載。

通常入会ボーナスが2,000マイル、翌年継続で2,000マイル。マイルが毎年ボーナス。

搭乗ごとに区間マイレージの25%がボーナス。

EdyチャージでもANAマイルが貯まる。

公式サイトには載っていないワンランク上のカード活用術

ダイナースクラブカードは世界で最初に作られたクレジットカード。その歴史と上質なサービスから、クレジットカードの中でも特にステータスとして認知され、世界のセレブリティが愛用する。利用限度額に一律の制限がないのは、ユーザーへの信頼の証。

通常で入会ボーナスが2,000マイル、翌年継続で2,000マイル、搭乗時のフライトマイルは区間マイレージの25%分がボーナスで付与される。さらに2009年1月1日よりEdyチャージでもANAマイルが貯まるように。コンビニやスーパーなどの少額決済も、Edyを使って取りこぼさずにANAマイルを貯められます。

ポイントは無期限に貯められるので、焦る必要はなし。限度額がないので、高額な買い物(車など)の決済では一気にポイントが貯まる。

数あるカードの中でも伝統と権威を持ち、審査も厳しいということで、このカードの保有者は「ダイナースが認めるセレブ」という証明になる。そのため、一流と呼ばれ一見では予約の取りにくいような高級料亭などが比較的簡単に予約できるなど、数字では表せないパワーを持っている。

カード会員の優待サービスが充実。似たようなサービスは他のカード会社でも行っているが、優待価格で利用できるホテルの格がグンと上がる。

会員のみが参加できるパーティなどの交流の場が設けられており、会員同士の人脈の起点にもなっているなど、年会費は高額だが、ステータスとしての位置付け、付帯保険やサポートの充実、会員同士の交流など、数値には表れない魅力がある。

ANAダイナースカードの詳細・申込
ANAダイナースカードの詳細・申込はこちら

今月のPickUp!

三井住友VISAクラシックカード

【CM中!】新規入会と利用で9,500円キャッシュバック

楽天カード

年会費永久無料。楽天市場をはじめ、ネットショッピングユーザー必携カード。

クレNow特集
新着おすすめ情報
ビギナー口座
カード選びの決め手
クレジットカード選びの決め手

クレジットカードを持っている人が、どんな点を基準に選んでいるのかを検証

クレジットカードの基礎知識
クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの機能や支払い方法などの基礎知識や便利な使い方などを紹介

クレジットカードの名称
クレジットカードの名称

ゴールドカード、学生カード、プレミアムなど、クレジットカードの名称と性格を解説

国際ブランド5種類
国際ブランド5種類

VISA、master、JCB。その違いは?国際ブランドと呼ばれる5つのブランドを解説

発行会社とサービス
発行会社とサービス

クレジットカードの機能や特長、サービスの種類を発行会社とそのサービスを元に解説

メリットとデメリット
メリットとデメリット

ポイント獲得やセキュリティの不安など、カードのメリットとデメリットを双方で考察

クレジットカードヒストリー
クレジットカードヒストリー

長期利用は優良顧客の証。使用履歴で構築されるクレジットヒストリー(信用履歴)とは?