ダイナースクラブ ビジネスカードの詳細・申込

  1. クレジットカードNow
  2. カードの詳細と申込
  3. ダイナースクラブ ビジネスカード
新規入会+利用でもれなくポイント進呈!
目的別ランキング
クレジットカードNow
おすすめ比較
旅行&マイル
生活のお得度
電子マネー付帯
生活スタイルで比較
ブランドで比較
特集
海外旅行特集
ビギナー講座
発行会社で比較
ダイナースクラブ ビジネスカード
ダイナースクラブ ビジネスカードの入会特典・申込はこちら
ダイナースクラブ ビジネスカード詳細
ポイント付与率 ブランド 年会費 ご利用限度額 国内旅行保険
100円=1pt Diners Club Card 27,000円(税抜)
(追加会員無料)
原則として一律の制限は無し 1億円
ポイント還元率 海外旅行保険
0.4% 1億円
マイル変換 買い物補償
100円 = 1マイル 500万円

法人だけでなく、個人事業者でも利用できるビジネス用カード。

このカードは、他のダイナースクラブカード発行時に併せて申込が必要。(申込カードとビジネスカードの2枚のカードが発行される)

引落口座や明細書の個別管理、利用状況リポートの発行で経費管理が大変便利!

ポイントは一般カードと合算されるので、無駄なく貯めることができる。

高いステータスが魅力なダイナースのビジネスシーン用カード

経費管理など便利な機能を搭載したダイナースのカードのビジネス用カード。このカードは、ダイナースのカード申込時と同時に、発行手続きを行うことができる。申込方法は、申込フォームを進み、『その他』のページにてビジネス・アカウントカードの発行を選択。一般のカードとビジネス・アカウントカードの2枚が発行されるの。

会社オーナーの方はもちろん、法人格を持たない医師・弁護士・公認会計士などの方も簡単な手続きで利用できる。

ダイナースカードは世界で最初に作られたカードで、伝統と権威があり、厳しい審査の上で保有することができるので「保有者=高い信頼を持つ」ということの証明です。そのため、一流と呼ばれ一見では予約の取りにくいような高級料亭などが比較的簡単に予約できるなど、数字では表せないパワーを持っている。カード利用に限度額もなく、無制限に利用できるのは、ユーザーへの信頼の証。保持者の高い信頼が約束されるカードなので、ビジネスシーンに置いても一目置かれること間違いありません。

ビジネス・アカウントカードならではの機能を紹介

法人カードではなく、個人で発行が可能なので、お勤めの方でも、個人事業主の方でも、プライベートと出張旅費や接待などのビジネス経費を2枚のカードで使い分けることができ、『公私』の区別が簡単。

個人用カードとビジネス・アカウントカードで引落口座や利用明細の届け先を、別々にすることができる。また経費を目的別・月別に年間ベースで把握できるように、利用状況をまとめた「ビジネス・アカウントリポート」が発行されるので、年間経費管理や確定申告の際に大変便利。

ポイントシステムは「100円=1pt」「有効期限なし」と個人カードと同様。しかも、発生したポイントは個人カードに合算されるので、出張旅費、接待などのビジネス経費も無駄なく貯めることができる。

ダイナースクラブ ビジネスカードの詳細・申込
ダイナースクラブ ビジネスカードの詳細・申込はこちら

今月のPickUp!

三井住友VISAクラシックカード

【CM中!】新規入会と利用で9,500円キャッシュバック

楽天カード

年会費永久無料。楽天市場をはじめ、ネットショッピングユーザー必携カード。

クレNow特集
新着おすすめ情報
ビギナー口座
カード選びの決め手
クレジットカード選びの決め手

クレジットカードを持っている人が、どんな点を基準に選んでいるのかを検証

クレジットカードの基礎知識
クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの機能や支払い方法などの基礎知識や便利な使い方などを紹介

クレジットカードの名称
クレジットカードの名称

ゴールドカード、学生カード、プレミアムなど、クレジットカードの名称と性格を解説

国際ブランド5種類
国際ブランド5種類

VISA、master、JCB。その違いは?国際ブランドと呼ばれる5つのブランドを解説

発行会社とサービス
発行会社とサービス

クレジットカードの機能や特長、サービスの種類を発行会社とそのサービスを元に解説

メリットとデメリット
メリットとデメリット

ポイント獲得やセキュリティの不安など、カードのメリットとデメリットを双方で考察

クレジットカードヒストリー
クレジットカードヒストリー

長期利用は優良顧客の証。使用履歴で構築されるクレジットヒストリー(信用履歴)とは?