ETCマイレージシステムとは

ETCカードマイレージシステムを徹底解説。おすすめのETCカードを選ぶ!
  1. クレジットカードNow
  2. ETCカードおすすめNow
  3. ETCマイレージシステムとは
新規入会+利用でもれなくポイント進呈!
目的別ランキング
クレジットカードNow
おすすめ比較
旅行&マイル
生活のお得度
電子マネー付帯
生活スタイルで比較
ブランドで比較
特集
海外旅行特集
ビギナー講座
発行会社で比較

ETCでもマイルが貯まる

ここではクレジットカードのポイントとは別に、マイレージが貯まるETCマイレージサービスについてご紹介。

ポイントの貯まり方や、有効期限、確認方法やサービスへの申込み方法など、 お得にETCカードを使いこなす為に必須の基礎知識を解説。


ETCマイレージサービスとは?

「ETCでマイルって貯まるんだ」 タイトルを見てそう思われた人もいるかもしれない。

しかしここで言うマイレージとは、航空便利用で貰えるマイレージの事では無く、ETC利用で貰えるマイレージの事。

ETCマイレージサービスとは、ETCによる有料道路通行料金の支払額に応じてポイントが貯まり、貯まったポイント数に応じて無料通行分に還元できるシステムのこと。

ETCマイレージサービスは各校則事業団が独自に行っているサービスで、クレジットカード会社とは関係がないため、ETCマイレージサービスをご利用になることで、カード会社のポイントとETCマイレージサービス双方のポイントが貯まって二重にお得になるサービスとなっている。

ポイントの貯まり方

ETCマイレージサービスでは、ETC利用による高速道路及び一般有料道路利用料金のお支払い後にポイントが加算される。

貯まるのは支払金額に応じてとなっていて、ETC割引が適用された場合、ポイントが貯まるのは割引料金適用後の通行料金支払い分についてとなる。

ETCマイレージサービスはNEXCOと呼ばれる東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路の三社および本州四国連絡高速道路、阪神高速道路の五社により共同運営されているが、その他の地方道路公社もサービスに参加しているので、前述の五社以外の高速道路や一般有料道路を利用した場合でもポイントは貯まるようになっている。

利用路線・道路会社とポイントの付与率
事業者・会社名 路線 ポイント付与率 加算ポイント
(ボーナス)
交換できる無料通行分
NEXCO3社
(東/中/西日本高速道路)
高速道路全線 50円=1ポイント 無し

100ポイント=200円分

200ポイント=500円分

600ポイント=2500円分

1,000ポイント=8,000円分

一般有料道路(※1)
(関門国道トンネルを除く)
100円=1ポイント
本四高速
(本州四国連絡高速道路)
全線(※2) 50円=1ポイント
宮城県道路公社 仙台南部道路
三陸自動車道(仙台松島道路)
50円=1ポイント
阪神高速道路 阪神高速道路全線
(京都圏のみ)
100円=3ポイント あり(※3) 100ポイント=100円分
名古屋高速道路公社 名古屋高速道路全線 100円=1ポイント あり(※4) 100ポイント=100円分
愛知県道路公社 知多半島道路
南知多道路
知多横断道路
中部国際空港連結道路
猿投グリーンロード
100円=1ポイント あり(※5) 100ポイント=100円分
福岡北九州高速道路公社 福岡高速道路全線 100円=1ポイント あり(※6) 100ポイント=100円分
北九州高速道路全線
広島高速道路公社 広島高速道路 100円=1ポイント あり(※7) 100ポイント=100円分
神戸市道路公社 新神戸トンネル有料道路
六甲有料道路
六甲北有料道路
山麓バイパス
50円=3ポイント あり(※8) 200円=100円分
※1:東/中/西日本高速道路株式会社の一般有料道路一覧
地方 有料道路
北海道・東北地方 深川留萌自動車道/日高自動車道/百石道路/秋田自動車道(琴丘能代道路、秋田外環状道路)/湯沢横手道路/米沢南陽道路/仙台北部道路/仙台東部道路/三陸自動車道
関東・甲信越地方 東水戸道路/圏央道/八王子バイパス/京葉道路/千葉東金道路/東京湾アクアライン連絡道/富津館山道路/第三京浜道路/横浜新道/横浜横須賀道路/小田原厚木道路/新湘南バイパス/西湘バイパス/東富士五湖道路/西富士道路/安房峠道路
東海地方 伊勢湾岸自動車道/東海環状自動車道
関西地方 京都縦貫自動車道/京滋バイパス/京奈和自動車道/第二京阪道路/南阪奈道路/関西国際空港連絡橋/湯浅御坊道路/第二神明道路
中国四国地方 広島岩国道路/江津道路/安来道路/高松自動車道/今治小松自動車道/広島呉道路
九州・沖縄地方 八木山バイパス/椎田道路/西九州自動車道/長崎バイパス/宇佐別府道路/日出バイパス/延岡南道路/隼人道路/南九州自動車道(八代日奈久道路、鹿児島道路)

※2:神戸淡路鳴門自動車道、瀬戸中央自動車道(瀬戸大橋)、西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道)
※3、※8:月間利用額10,001円〜35,000円=3ポイント。35,001円〜70,000円=5ポイント。70,001円以上=10ポイント。
※4、※6、※7:月間利用額5,001円以上10,000円=3ポイント。10,001円〜20,000円=6ポイント。20,001円〜30,000円=9ポイント。30,001円以上=19ポイント。
※5:月間利用額5,001円〜10,000円=4ポイント。10,001円〜20,000円=8ポイント。20,001円〜30,000円=12ポイント。30001円以上=18ポイント

ポイントの有効期限

ETCマイレージサービスで貯まったポイントは獲得した年度(4月〜翌年3月)の次の年度末に失効するため、ポイントの有効期限は最長2年。常に2年ではないので注意しよう。

例:
平成24年5月に貯まったポイント→平成26年3月末まで有効。

平成26年2月に貯まったポイント→平成27年3月末まで有効。

ポイントの確認と利用方法

貯まったポイントは下記の方法により確認・照会が可能。

  1. インターネット(ETCマイレージサービス公式サイト)
  2. 自動音声ダイヤル
  3. ETCマイレージサービス事務局への電話

貯まったポイントを無料通行分として利用するには、ポイントの交換が必要。
交換の申し込み方法は、ポイントの確認と同じくインターネットおよび自動音声ダイヤル、ETCマイレージサービス事務局への電話で可能となっている。

交換が済むと、交換後の最初に高速道路利用があった際の通行料金を支払う時に、代金から無料通行分が値引きされる。

なお、交換後一回の利用で無料通行分を使い切らなかった場合、ポイントの有効期限内であれば、次回ご利用分に自動で繰り越しとなる。

ETCマイレージサービスへの申し込み

ETCマイレージサービスは、カード会社のシステムではない為、ETCカードとは別に申込みが必要となる。
申込みはETCマイレージサービスにインターネットまたは郵送にて可能。

申込には車載器の管理番号と車両番号およびETCカード番号が必要になる。
その為あらかじめETCカードの入会とETC車載器の設置が必要。

まだETCカードを持っていない人は、先にETCカードに入会し、車載器も設置しよう。

マイレージサービスは、申し込み後、インターネットなら約1週間、郵送の場合は2〜3週間後ほどで登録完了の知らせが郵送される。 郵送内容にはマイレージIDとパスワードが含まれるので、保管等については慎重に。