ETCカードとは

ETCカードの基礎知識を徹底解説。人気のETCカード比較や使い方など
  1. クレジットカードNow
  2. ETCカードおすすめNow
  3. ETCカードとは
新規入会+利用でもれなくポイント進呈!
目的別ランキング
クレジットカードNow
おすすめ比較
旅行&マイル
生活のお得度
電子マネー付帯
生活スタイルで比較
ブランドで比較
特集
海外旅行特集
ビギナー講座
発行会社で比較

ETCとは?

ここではETCカードの概要を解説。

ETCカードとは、どんな機能とシステムなのか、その基本的な仕組みや目的、種類など、 これからETCカードを作る方に向けた基礎知識。


ETCカードとは

ETCカードとは、有料道路を利用した際に、通行料金の支払いを後払いで行うICチップを搭載した決済用のカードのこと。

このカードをETC車載器を搭載した自動車にセットすると、有料道路のETC用ゲートをくぐることができ、現金での支払いのように、車を停車することなくスムーズに通行ができ、渋滞の解消に一役買っている。

ETCシステムでは、その通信システム、料金支払いなど、すべてにおいて規格が統一されている。

このことにより、自分の自動車以外のレンタカーであったり、家族や知人の所有の自動車であったとしても、自分のETCカードを利用することが可能。

レンタカーでも、ETC車載器が付いていればETCカードを挿入することは可能で、自分のETCカードよる決済が可能となっている。

渋滞解消に大きく貢献

ETCはもともと高速道路の料金所における渋滞を解消するべく開発された。

ETCカード搭載車がETC専用レーンを利用することにより、料金支払いの際にゲートで停止して現金を支払うという必要が無く、スムーズに通過することができる。現金払いのように一旦停車をすることが無い為、料金所周辺の渋滞緩和に大きく貢献している。

ETC利用はETCシステムによる走行が条件となっているため、誤って一般レーンを利用した場合、ETCシステムでの自動決済は出来ないが、料金所の係員にETCカードを手渡して決済ができる。

万一レーンを間違えたとしても、あわててバックしたり、逆送などは絶対にせず、料金所の係員に申し出て決済しよう。

 

ETCカードの種類

ETCカードには大きく分けて、クレッジトカード会社が発行するETCカードと高速道路の会社が発行するETCパーソナルカードがある。

クレジット会社発行のETCカード
買い物が出来るカードと一体となっている一体型のETCカード、または、クレッジト機能は付いておらず有料道路の決済のみができるETCシステムを利用するだけの分離型のETC専用カード(本体カードとは別にETCカードが発行)の二種類がある。
ETCパーソナルカード
高速道路会社と契約して、預託金を預けることにより、銀行引き落としなど後払いに出来るETCカード。したがってクレジットカード会社との契約は必要ない。

尚、クレジットカード会社発行の一体型ETCカードの場合、そのクレジットカードの年会費の有無で年会費は含まれているが、ETC専用カードの場合、本体カードとは別に発行手数料、年会費が発生する場合もあるので、申込みの際はよく確認しよう。

一体型のカードの場合、ショッピングなどの買い物でも利用することが出来るので大変便利ではあるが、車に乗るたびにETC車載器にカードを挿入する手間がある。

また量販店のクレジットカード、ガソリンスタンドのクレジットカードなどに付随したカードの場合、そのポイント機能によりより通行料金の支払いにもポイントが加算され、よりお得に利用できる内容も多くあるので、自分のライフスタイルに合わせ一番使いやすいものを選択して利用するとよいだろう。

ETC専用カード(分離型)

クレジットカード会社発行のETC専用カードは、有料道路の通行料金の支払いにだけ対応したカードとなっており、ETCでの決済にしか利用することが出来ない。

その為、利用金額の管理面で非常にわかりやすいという利点がある。また一体型と違い、ちょっと車を離れる程度であれば、カードをいちい取り外す必要が無いというメリットも。

また、ETC専用カードの場合、ETCコーポレートカードという、企業や法人向けに発行されるETCカードもあり、社用車等の利用で、有料道路の利用料金の割引や通行区間、時間帯の把握など一括管理もできる為、業務管理などに活用可能だ。

この専用カードもクレジットカードと同様の扱いで有効期限がある。有効期限切れのカードの場合、ゲートを通過することが出来ず後続車への事故を引き起こすことにもなりかねないので、期限切れには十分注意しよう。

ETCパーソナルカード

クレジットカードを持たないという人や、クレジットカードを作ることが出来ない人にも、ETC利用ができるように「ETCパーソナルカード」というETCカードがある。

ETCパーソナルカードはクレジットカード会社の発効では無く、預託金を預けることで利用が可能になる仕組みで、クレジットカードの審査を受ける必要は無い。

発効は首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社、NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本の6社が行っていて、このうちのどれか一社と契約する必要がある。

カードを作る際、有料道路を利用する平均利用額のの4倍相当の金額の補償金を預託することが必要で。これはあくまでもETCカードを発行する際の保証金となり、有料道路の通行料金とは異なる。

ETCパーソナルカードによる有料道路の通行料金は、ゆうちょ銀行やその他の銀行の口座から1ヶ月ごとに後から支払うシステムで、ETCパーソナルカードを利用することにより、各種の割引サービスが活用でき、ICをスムーズに通過することが可能となる。

注意点としては、預託してある保障金の8割を超える額が、支払残高として残っている場合、ETCのカード機能が停止しゲートを通過出来なくなる可能性がある事。

利用が多い場合は、毎月の支払い滞納が無いようにし、保証金の増額依頼へなど対応漏れが無いように注意しよう。