ETC車載器について|ETCカードおすすめNow

ETCカードを利用するのに必須の車載器について徹底比較。おすすめETCカードも
  1. クレジットカードNow
  2. ETCカードおすすめNow
  3. ETCの車載器について
新規入会+利用でもれなくポイント進呈!
目的別ランキング
クレジットカードNow
おすすめ比較
旅行&マイル
生活のお得度
電子マネー付帯
生活スタイルで比較
ブランドで比較
特集
海外旅行特集
ビギナー講座
発行会社で比較

車載器について

ここではETCカードを利用するために必ず設置が必要になるETC車載器について解説。

車載器のシステムや種類、取り付けに関する事など、これからETC利用をお考えの方に必須の基礎知識。


ETC車載器とは

ETC車載器とは高速道路などの有料道路でETCシステムを利用する上で必要な機械です。ETCのシステムを利用するには、車載器だけでは機能せずETCカードと双方が揃った時点で、初めてETCを利用することが出来ます。

ETCの車載器は、各自動車のメーカーや、カー用品店、そして家電のメーカーからも販売されるようになっています。 車載器は車を購入する際に、一緒に車載器を取り付けてもらうこともできますが、購入時に取り付けしなかったり、買った車に車載器がついていない場合、ご自身で購入しなければいけません。

車載器の種類

ETC車載器のタイプは一般的に本体にETCカード挿入による2ピースタイプ、本体とアンテナが分離しているものにETCカードを挿入する3ピースタイプ、そしてビルトインタイプの3種類があります。

2ピースタイプの場合、ETCレーンから容易に判別のできるダッシュボードなどの場所に設置する必要があります。この場合、運転の視界に妨げにならない場所に設置しなければなりません。

3ピースタイプの場合、アンテナを前面ガラスの上部など比較的運転中の視界の妨げにならない場所で設置すればよく、本体はパネルの内側や足元など運転の妨げにならない場所に設置することが出来ます。

このことによって内装を損なうことなく車内に収めることが可能です。また、運転の停止中にからだを大きく動かすことなくカードの出し入れを行う事が出来ます。

ビルトインタイプのものは自動車のインテリアとデザインを一体化させてありメーカーより購入することが出来ます。車種によって発売の有無が異なりますのでディラーへの問い合わせが必要です。

購入前にインターネットなどのサイトで価格や機能を確認し、インターネットショップで購入するか、カーショップなどで購入するとよいでしょう。それぞれのタイプでは価格的に、大きく差はありませんので、デザインや音声機能などが選択肢になるでしょう。

車載器の機能や値段

最近では、各メーカーが発売される車載器も機能が充実してきています。
車載器の主な機能としては

  • 乗車時のカードの挿入確認
  • カードの抜き忘れのないようにお知らせしてくれる機能
  • カードの有効期限をお知らせしてくれる機能 などです。

メーカーごとに車載器のカラーバリエーションも豊富になっていますから、自分の車に合った車載器を選ぶことも可能です。

車載器を値段は様々ありますが、基本的には、¥10000〜¥30000位の価格帯が多くなっています。

車載器の取り付け

車載器を購入したら自動車への取り付けを行う必要があります。取り付け作業は自分での取り付けも可能です。しかし慣れていない方は、時間をかけて取り付けを行うよりも、たとえ料金がかかろうとも購入した店舗でわずかな時間に確実に取り付けを行ってもらう方が安心感は十分にあります。

自分で行ったために配線の接続ミスなどで思わぬ事故につながってしまったなどないためにも、きちんとした取り付けが自動車の走行の安全にとってより重要なことです。

自動車へのETC車載器取り付けの際、車両のナンバープレートの情報を車載器に施すセットアップが必ず必要となります。ETCカードとは異なり、ETC車載器は自動車1台に対しその1台のみが使用できるということにより、その自動車の情報を正しく安全にインプットする必要があります。

ETCはセットアップが必要

有料道路の場合、その車種によって料金設定が異なります。車種の情報を正しく認識させるためにセットアップが必要になります。 セットアップの情報を元に有料道路の通行料金を算出し、それが翌月への支払いの請求の元となります。

車両情報を暗号化して書き込む必要があるため、セキュリティ上の観点から、認可を受け、登録されたセットアップ店で行う必要があるのです。 このことより取り付けとは異なり、セットアップの場合は個人で行うことはできません。ETCシステムの安全な運用を図るためにも専門店でのセットアップが必要となるのです。

自動車の買い替えなどで、車載器をほかの自動車へと移した場合も再セットアップが必要です。ETC車載器は自動車1台に対しその1台のみが使用することによれば、車載器を移しただけではその情報は、前の自動車のものであり正しい車両情報をシステムに送信することが出来ないからです。

このことにより、車載器の他の自動車への移動の場合も有料にはなりますが、セットアップ専門店へ依頼することが必要になります。再セットアップの場合、車載器管理番号が必要になります。車載器管理番号とは購入した車載器にメーカーから割り振りをされた番号になります。この管理番号は、再セットアップ以外にもマイレージの申し込みや問い合わせなどに必要となる番号になります。

再発行はされませんので管理に十分に注意しましょう。 車載器セットアップの申し込みや証明書などは、車検証などと一緒に保管するとよいと思います。万が一無くした場合は車載器本体のラベルでも確認が出来るはずです。

それでも確認できない場合は、車検証、運転免許証などの身分証明を行ったうえで、購入した店舗相談したしましょう。

ETCカードを申し込んで、車載器を購入し正しく安全にセットアップを行ったうえで自動車への取り付けを行い、ETCカードを挿入してETCレーンを通過することによりETCシステムを利用して有料道路をお得に、安全に走行し渋滞緩和のために多いに役立つことが出来るのです。

etcカード完全おすすめ100