ETCのメリットとデメリット|ETCカードおすすめNow

ETCのメリットを徹底調査。使いだしてからの注意事項や利用方法も
  1. クレジットカードNow
  2. ETCカードおすすめNow
  3. ETCカードのメリットとデメリット
新規入会+利用でもれなくポイント進呈!
目的別ランキング
クレジットカードNow
おすすめ比較
旅行&マイル
生活のお得度
電子マネー付帯
生活スタイルで比較
ブランドで比較
特集
海外旅行特集
ビギナー講座
発行会社で比較

メリットとデメリット

ここではETCのメリットや注意点を解説。

ETCシステム全体の目的やそのメリット。またETC利用時における注意点やETCカードの取り扱いなど、ETCを利用する上で必須の基礎知識をご紹介。


渋滞の緩和や通行がスムーズに

ETCシステムは高速道路などの有料道路を走る上で、料金所での支払いをスムーズに行える機能持つことで、渋滞の緩和も目的としている。

仕組み自体は単純で、 ETCカード車載器に入れておくだけで、料金所のETC専用レーンを走行し、現金での支払いをすること無く、自動的に支払いが済んでしまうという便利な機能だ。

ドライブが好きな人にとってはETCカードを利用することによって、高速料金も安くなるので、より高速道路を利用しやすくなるだろう。

また 渋滞が頻発する料金所などでも、ETC利用で専用レーンを通れば、渋滞に並んだり、いちいち停車して料金を支払わなくても良いので、移動の時間もかなり短縮されるというメリットがある。

ETC割引制度を活用しよう

各高速道路会社では、ETCの普及を目的に様々な割引制度を設けている。ETCを利用すると有料道路の料金が現金払いより割引になり、割引目的で利用する人も増えてきている。

過去にも、有料道路の通行料金による決済に関し様々な割引制度が導入されていて、ETCシステムが導入された当初は、メディアにも大きく報道された『土曜、日曜祝日等の一律1000円』といった割引サービスがあった。

この割引は政府の景気対策が主な目的となっていたが、現在も様々な割引制度が存在する。

現在は高速道路管理会社や有料道路の管理会社ごとに割引内容は異なり、有料道路を乗り継ぐ場合のサービスを始め、休日特別割引や早朝深夜割引、通勤割引などがある。

これらは車種や時間帯によって割引率が異なるので、利用する有料道路の割引率などを事前に確認したうえで走行計画を立てれば、よりお得に有料道路を利用することが可能だ。

大変便利なETCカードだが、車載器がないとETCカードも使えないので注意が必要。

車載器は、各ディーラーはもちろんのこと、カー用品店でもたくさん売り出されている。 それぞれ、機能や使い方も違いがあるので、自分の気に入った商品を手にするためにも、店頭でよく検討してみるのもいいかもしれない。

最近はシンプルな機能で安価なものから、高機能で高額なものまで、値段も様々なので、予算に応じて店員に相談するのが良いだろう。

ETCカードは自分の車じゃなくても使える

ETCカードは、車載器が取り付けてあれば、自分の車以外でも、ETCカードを挿入し自分の支払いで走行することが出来る。反対に自分の車に他人のETCカードを挿入し、そのカードで支払う事も可能だ。

友人同士でドライブに行く際にも、それぞれのETCカードで「行き」「帰り」と支払い分担するのも良いだろう。

注意点としては、一旦ETCゲートを通過したら、支払いは通過時に挿入していたETCカードでないといけないという点。カードを変えてしまうと、ETCゲートが開かずに思わぬ事故に繋がるかもしれないので注意しよう。

またETCカードでは、クレジット機能を持ったカードと、ETC専用のカードの2種類があるので、自分のライフスタイルに合わせて、カードを作るようにすると良いだろう。

カードによってはETCの利用でもポイントが貯まり、ETCカードにはマイレージサービスもある。またクレジット会社独自の特典がついているケースもあるのでETCカードを作る際に良くチェックしよう。

スピードの出し過ぎに注意

便利なETCカードだが、ETC専用レーンを通過する際には注意が必要だ。

ETCゲートは原則20キロ以下での走行が義務となっているが、これを無視してスピードを出し過ぎると、ETCのバーが開かない可能性もある。スピードの出しすぎによって、バーが開く前にゲートを通過してしまい、バーに激突したという事は良く聞かれること。

通常ETC専用レーンでは20kmが制限時速。しっかりと徐行をして、ゆっくり通り事故を起こさぬように気を付けよう。

ETCカードにも期限がある

ETCカードにはクレジットカードと同様に期限がある。

更新時には新しいETCカードが送付され、交換しなければいけないので注意が必要だ。

もし期限が切れてしまったETCカードで、料金所を通過しようとすると開閉バーが開かずに、通常の料金をその場で支払わなければいけなくなる。期限もよく確認しておこう。

また新規に作る場合、ETCカードにも年会費や発行手数料もある場合があるので申し込み時によく確認しましょう。

使い方にも注意

車載器にETCカードを挿入する際にも、しっかりと挿入していないと反応してくれないこともある。ETC車載器には音声やランプの色で認識を確認する機能もある。しっかりと挿入し正常な動作が出来ているかよく確認しよう。

またETCカードは、決済機能を持ったカードなので、車内に置きっぱなしは厳禁。盗難のないように注意が必要だ。クレジット一体型の場合はクレジット機能での不正使用も考えられるので車を離れる際は、もしものことを考えてETCカードを車載器から取り出すようにしよう。

ETCカードは、本当に便利なカードだが、取扱いにも十分に気をつけながら使用することが大切だ。

100枚から選らんだおすすめの無料etcカード