【特集】クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの機能や支払い方法などの基礎知識や便利な使い方などを紹介。
  1. クレジットカードNow
  2. ビギナー講座
  3. クレジットカードの基礎知識
新規入会+利用でもれなくポイント進呈!
目的別ランキング
クレジットカードNow
おすすめ比較
旅行&マイル
生活のお得度
電子マネー付帯
生活スタイルで比較
ブランドで比較
特集
海外旅行特集
ビギナー講座
発行会社で比較
【特集記事】クレジットカードの基礎知識

クレジットカード選びもカードの使い道も ライフスタイルによって人それぞれ。

新しいお金の形として色々な場所で利用されるようになり、それに伴い、色々な企業が独自のサービスを取り入れたクレジットカードを数多く発行しています。

私達、消費者にとっては、種類が多すぎて、どのカードを使っていいか分からない…なんて悩みもあります。

しかしポイント還元やキャッシュバックなどのサービスを始め、優待特典など、クレジットカードは知れば知るほど便利なもの。

ここではクレジットカードの機能や魅力など基礎的な要素を考えます。

クレジットカードの仕組み

クレジットカードの仕組み

クレジットカードのしくみ

「Credit」とは日本語で「信用」という意味です。 といっても、「信頼」という意味ではなく、「信用取引」という意味。つまり、「あとで代金を払いますよ」という契約をもとに、商品などを購入することです。

クレジットカード会社が利用者とお店の間に入ることで、個人が簡単に「信用取引」によって買物や食事などが利用できるシステムが、クレジットカードのしくみ、というわけです。

この契約によって、私たちはクレジットカードをお店に提示し、商品を購入することができます。購入された商品の代金は、クレジットカード会社からお店に支払われ、私たちはその支払額をまとめてカード会社に支払うのです。

クレジットカードのメリット

クレジットカードのメリット

クレジットカード最大の利点は、現金を持ち歩かなくても良いこと。

ショッピング時にサインをするだけで(もしくは暗証番号入力)、カンタンに支払いを済ますことができます。

最近では読取機にかざすだけで買い物ができる「電子マネー」が使えるものも増えてきています。

また、高額の買物をする時や海外旅行などの場面では、大金を持ち歩く必要がなく、とても安心です。

いざというとき安心のキャッシング機能も

ほとんどのクレジットカードについている「キャッシング機能」。これは、出先などで急に現金が必要になった時などに、一時的に現金を借りられるシステム。

この機能を利用すれば、給料日前に急な予定が入った時などでも、提携銀行のATM などで、カードで現金が用意できます。

「キャッシングは抵抗が…」という方もいますが、賢く使えば便利。 勿論金利が付くので長期借り入れやキャッシング目的は現金。

ネットショッピングに公共料金に、広がる利用場所

もともとクレジットカードが支払いの主流だったオンラインショッピング。現在では銀行振込や代金引換、コンビニ支払など、支払方法は充実していますが、これらの方法には必ず「手数料」がかかるもの。こちらも、手数料のかからないクレジットカードの活躍の場となっています。

また、家賃や公共料金の支払い携帯電話料金などの支払いにも、クレジットカードを利用できるサービスがあります。

「家賃や公共料金なんて、口座振替でもいっしょでしょ?」と思うかもしれませんが、支出の中でも高額な家賃や光熱費をクレジットカードで支払うということは、それだけ還元されるポイントも大きいということ。

1%還元だって、15万円なら1,500 円分。つまり年間1万8,000 円分がポイントとして還元されるということなんです!

1回、分割、リボ払い〜支払方法は色々

1回、分割、リボ払い〜支払方法は色々

お買い物の際に、代金の支払い回数を選べるのもクレジットカードの魅力のひとつ。

最近流行の「地上デジタル対応液晶テレビ」も「ドラム式洗濯機」も、みんな10万円以上。とても一括で購入なんて…。そんなときに便利なのが、クレジットカードの「分割払い」。

だから、高額な買い物が多い家電量販店は、数あるお店の中でも特にクレジットカードの利用率が高い場所。

クレジットカードのご利用代金の支払方法には、「1回払い」「2回払い」「ボーナス一括払い」「リボルビング払い」「分割払い(3回以上)」があります。 ご利用ごとに支払方法が選べるので、状況に応じて上手に計画を立てることで無理のない支払いが可能です。

リボ払い(リボルビング支払)

リボ払い(リボルビング支払)

「Revolving(リボルビング)」とは「回転」や「循環」という意味。

リボルビング払い(リボ払い)とは、限度額内であればご利用額や購入した商品数にかかわらず、あらかじめ定めた一定の額、又は一定の率で代金を毎月支払う方法。

毎月のお支払額が一定(ボーナス時には増額も可能)となるので、無理のない計画的なお支払いが可能となります。

お支払方式は定額方式と定率方式、残高スライド定額リボルビング方式の3タイプがあり、カード会社によって方式が異なります。

分割払い

分割払い

利用金額を希望の回数に均等分割して月々支払う方法です。

お支払い回数は3・5・6・10・12 ・ 15・18・20・24回と多数ありますので、収入とのバランスを考えて無理のない支払いが可能です。 お支払い回数により手数料(実質年率) が異なりますので、各クレジットカード会社の会員規約 などをよく確認しておく必要があります。

企業によって特徴いろいろ、クレジットカードの系列

企業によって特徴いろいろ、クレジットカードの系列

発行元会社の業態により、クレジットカードはいろいろな種類に分かれます。発行している企業によって、それぞれが特徴のあるサービス特典を用意しています。

系列
特徴
主な発行会社
銀行系
  • 銀行もしくは銀行の子会社や関連会社が発行。
  • ステータスが高く、安心して利用できる。
  • 審査は比較的厳しい。
信販系
  • オートローンなど、様々なローンを取り扱っている。
  • 審査は銀行系に次いで厳しいが、一般的に低金利。
  • VISAなどの国際ブランドの他に国内専用のブランドがある。
流通系
ネット系
  • スーパーや百貨店、ネットモールが発行する。
  • 割引やポイント等、系列店舗でのサービスが充実。
  • 年会費が安く、年会費無料のカードも多数。
特集記事 INDEX
特集記事-01
特集記事-02
特集記事-03
特集記事-04
特集記事-05
特集記事-06
特集記事-07

今月のPickUp!

三井住友VISAクラシックカード

【CM中!】新規入会と利用で10,000円プレゼント

楽天カード

年会費永久無料。楽天市場をはじめ、ネットショッピングユーザー必携カード。

クレNow特集
新着おすすめ情報
ビギナー口座
カード選びの決め手
クレジットカード選びの決め手

クレジットカードを持っている人が、どんな点を基準に選んでいるのかを検証

クレジットカードの基礎知識
クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの機能や支払い方法などの基礎知識や便利な使い方などを紹介

クレジットカードの名称
クレジットカードの名称

ゴールドカード、学生カード、プレミアムなど、クレジットカードの名称と性格を解説

国際ブランド5種類
国際ブランド5種類

VISA、master、JCB。その違いは?国際ブランドと呼ばれる5つのブランドを解説

発行会社とサービス
発行会社とサービス

クレジットカードの機能や特長、サービスの種類を発行会社とそのサービスを元に解説

メリットとデメリット
メリットとデメリット

ポイント獲得やセキュリティの不安など、カードのメリットとデメリットを双方で考察

クレジットカードヒストリー
クレジットカードヒストリー

長期利用は優良顧客の証。使用履歴で構築されるクレジットヒストリー(信用履歴)とは?