【特集ページ】クレジットカードのメリットとデメリット

  1. クレジットカードNow
  2. ビギナー講座
  3. クレジットカードのメリットとデメリット
新規入会+利用でもれなくポイント進呈!
目的別ランキング
クレジットカードNow
おすすめ比較
旅行&マイル
生活のお得度
電子マネー付帯
生活スタイルで比較
ブランドで比較
特集
海外旅行特集
ビギナー講座
発行会社で比較
【特集ページ】クレジットカードのメリットとデメリット</h2>
クレジットカードって便利?危険?

クレジットカード情報を盗まれての悪用、使いすぎによるカード破産といった負のイメージからか、逆に「カードって怖いから・・・」とカードを持たない、あるいは持っていてもほとんど使用しないという方の話もよく聞きます。「触らぬ神に祟りなし」という考えなのでしょうが、もったいない話です。現金で払うのをカードにするだけで、キャッシュバックやポイント還元されるのに、みすみすそれを逃している訳ですから。

ちゃんと使えば便利で頼もしい相棒ですが、コントロールするのはあくまで持ち主。相棒の特徴を把握し上手に付き合う事で、より充実したクレジットカードライフを愉しむことができます。

クレジットカードのデメリット

大きく2点に絞られるクレジットカードのデメリット。1つはセキュリティ面、そしてもう1つはお金の管理について。どちらもクレジットカードを使わない理由としては上位に挙げられるポイントではないでしょうか。

デメリット:セキュリティの不安

近年のカード犯罪増加、特に昨今では、カード情報・口座情報が闇で売買されているというニュースをよく耳にします。クレジットカード会社では紛失時、盗難時、ネット上での不正利用についてもセキュリティ制度を設け、損害を補償するなどの対策を行っているところも多いので、まずはカードのスペックをきっちり確認することが重要。

2つのカードで迷った時には仮に還元率で若干劣るスペックでも、万一の補償が充実している方を選ぶのも一つの考え方です。もちろん普段からお財布の管理はしっかりとし、カードを使用するときにも安易に目を離したりしないように。毎月の請求内容も身に覚えのない請求がないかどうか、ちゃんと確認しましょう。実際のところ、かなり発行各社の補償制度、セキュリティシステムが整ってきているので、紛失や盗難、よく知らないサイトで登録しないなど、自分自身の取り組みである程度はリスク回避できるはずです。

デメリット:金銭感覚・管理

私の妻がそうですが、「クレジットカードだとお金が視覚的に把握できなくなる」という方けっこういらっしゃるのではないでしょうか。現金の持ち合わせがなければ諦める買い物もカードで簡単に買えてしまうために思わず使いすぎてしまったりする事も。 だからといって現金主義ではもったいなさすぎるのが、クレジットカード利用時のポイントシステム。仮に公共料金や食費、交遊費、勤務先や学校までの定期券など月10万円、年間にして120万円をクレジットカードで決済し、1%の還元率だと・・・・実に12,000円も還元。

もちろん、選ぶカードや使い方によっては、もっと大きな還元率も可能です。決してお金の感覚をおろそかにするとか、無駄にポイントのための買い物をするとかという必要はありません。今まで通り、きっちりと倹約生活。出費の部分をクレジットカードに替えてみるだけ。10円安い牛乳の為にスーパーをはしごするよりも楽にお得できそうな気がしませんか?

クレジットカードのメリット

こちらも大きく2点に絞ってみましょう。まずは現金を持ち歩かないでも、1枚で買い物ができる事(しかも請求は一括払いでも翌月〜翌々月)。そしてポイント還元など、現金決済よりもお得になる点が多いことが挙げられます。

メリット:身軽に買い物♪請求は後回し

すっごい探していたヴィンテージのデニムをとあるセレクトショップで発見!しかし時は給料日前、手持ちは5,000円。店員さんに聞いてみるも、やはり取り置きはできずこれが在庫の最後1点であるとの事。数日後、給料が出た最初の日曜日にもう一度お店に行ってみるが、残念ながら売り切れ。。。

似たようなパターンは、ご経験ありませんか?こんな時、スマートにクレジットカードで決済していれば、デニムは即日手に入り、請求は給料日後に引き落とし口座にお金を入れておくだけ。ポイント還元で、トータルで考えれば現金で買うよりもお得だったかも。

例えば、パスポートやお財布の管理にはより神経を使う海外旅行にて。ブランドのバッグを買いに行くからって、まさかお財布が札束でぎゅうぎゅうなんて事になっていないですよね?

メリット:ポイント還元?キャッシュバック??

とあるスーパーで牛肉200g、にんじん、たまねぎ、じゃがいも、ピーマン、ブロッコリとビーフシチューの素をお買い物。今夜は得意の野菜たっぷりビーフシチューです。お会計は778円。ここで1,000円札を出して222円のお釣りをもらえば、小学生なら合格です。

では、主婦ならどうするんでしょう?・・・・・・・
ここではクレジットカードでお買い物をするのが正解。778円でも還元率1%のカードだったら約8円お得。

たかが8円でしょうか?現金で払っていたらゼロなのに、クレジットカードで払うと還元がある。塵も積もれば・・・という事ではないですが、まさに「現金<クレジットカード」という図式がはっきりと見て取れるポイント。

クレジットカードは借入枠としての側面も持ち合わせます。住宅ローンを組む時の査定の対象にもなりますし、リボ払いや分割払いを使えば当然利息が発生します。お金であるという事は決して忘れないで頂きたい。そして頼れる相棒として上手にお得に使いたいものですね。

特集記事 INDEX
特集記事-01
特集記事-02
特集記事-03
特集記事-04
特集記事-05
特集記事-06
特集記事-07

今月のPickUp!

三井住友VISAクラシックカード

【CM中!】新規入会と利用で10,000円プレゼント

楽天カード

年会費永久無料。楽天市場をはじめ、ネットショッピングユーザー必携カード。

クレNow特集
新着おすすめ情報
ビギナー口座
カード選びの決め手
クレジットカード選びの決め手

クレジットカードを持っている人が、どんな点を基準に選んでいるのかを検証

クレジットカードの基礎知識
クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの機能や支払い方法などの基礎知識や便利な使い方などを紹介

クレジットカードの名称
クレジットカードの名称

ゴールドカード、学生カード、プレミアムなど、クレジットカードの名称と性格を解説

国際ブランド5種類
国際ブランド5種類

VISA、master、JCB。その違いは?国際ブランドと呼ばれる5つのブランドを解説

発行会社とサービス
発行会社とサービス

クレジットカードの機能や特長、サービスの種類を発行会社とそのサービスを元に解説

メリットとデメリット
メリットとデメリット

ポイント獲得やセキュリティの不安など、カードのメリットとデメリットを双方で考察

クレジットカードヒストリー
クレジットカードヒストリー

長期利用は優良顧客の証。使用履歴で構築されるクレジットヒストリー(信用履歴)とは?