2枚持ちでお得度MAXなクレジットカード特集

  1. クレジットカードNow
  2. クレジットカード特集
  3. 2枚持ちでお得度MAX
新規入会+利用でもれなくポイント進呈!
目的別ランキング
クレジットカードNow
おすすめ比較
旅行&マイル
生活のお得度
電子マネー付帯
生活スタイルで比較
ブランドで比較
特集
海外旅行特集
ビギナー講座
発行会社で比較

2枚持ちでお得度MAXなクレジットカード特集

今ほどんどの方が2枚〜3枚クレジットカードを持っているのではないでしょうか?
でも実際にすべてを使いきれているか?というと決して答えは全員「Yes」ではないはずです。

タンスや引き出しの隅に眠っていたり、お財布にずーっと入っていたり、メインカードが決まってしまうと2枚目、3枚目はほぼ放置という方が多いかと思います。

ですが、そんな2枚目、3枚目のカードをもう1回見直してもいいのではないでしょうか?実は使ってないけどカードに付帯されている「お宝サービス」があるかもしれません。

また、これから2枚目、3枚目を持とうとしている方には必見!クレジットカードNowが2枚持ちするなら「このカード!」の組合せをご紹介します。
どうせ持つならお得がイチバン!損しない持ち方しませんか?

どう持つ?こう持つ!2枚目、3枚目!

おと2枚持ちでお得なクレジットカード(一覧)

年会費無料で高還元のカードと高セキュリティの最強タッグ!オススメ1位

楽天カード
楽天カード
さらに詳しく公式サイトへ
plus 三井住友VISAカード
三井住友VISAカード
さらに詳しく公式サイトへ
ここがおすすめポイント!

「店によってカードを使い分けるのは面倒」という方には、使い分けを簡単に明確にできるカードがおすすめ。

・ネットショッピング、公共料金の支払いなどはポイント高還元の「楽天カード」で!

普段の買い物だけでなく、公共料金の支払いやETC利用などでも100円で1ポイントが貯まる。楽天市場でのネットショッピングはポイント2倍とさらに高還元でポイントが貯まりやすい。

年1回以上のカード利用でポイント獲得があれば、ポイントの有効期限が延長(期間限定ポイントは除く)される。貯まったポイントは楽天市場で1ポイント=1円で使えるから非常に使いやすくお得。

国際ブランドはVISA、マスター、JCBから選べるが、三井住友VISAカードと合わせるなら、マスターカードかJCBがおすすめ。(三井住友VISAカードはVISAとマスターから選択可能)

・メインで持つなら「三井住友VISAカード」!

世界シェアNo.1のVisaで国内はもちろん、世界各国・地域で使えるクレジットカード。

銀行系の三井住友カード発行でセキュリティは万全。高度なセキュリティ機能に優れたIC内蔵のカードは偽造が困難であり、不正利用等も未然に防止。写真入りカードを選ぶこともでき、さらにセキュリティをアップしたい人や身分証明に利用したい人などにおすすめ。

三井住友カードのポイント有効期限は2年。貯まったポイントは楽天スーパーポイントに交換が可能。楽天カードなら年1回以上の利用があればポイントの有効期限が延びるのでうっかりポイントが失効してしまったなんてこともなくなる。

国際ブランドの違いを生かして利用するならコレ!オススメ2位

VIASO(ビアソ)カード
VIASO(ビアソ)カード
さらに詳しく公式サイトへ
plus JCB一般カード
JCB一般カード
さらに詳しく公式サイトへ
ここがおすすめポイント!

異なる国際ブランドでお互いの弱点を補い合って使える2枚のカード。

・貯まったポイントのオートキャッシュバックが魅力の「VIASOカード」

年会費永年無料で高セキュリティの銀行系カード。

ネットショッピングは「VIASO eショップ」経由で最大10%以上の高還元。貯まったポイントは年に1度現金でキャッシュバックされる。携帯電話やプロバイダー料金はポイント2倍なので公共料金等まとまった支払にカードを利用すれば現金での還元額が増えてお得。

海外旅行傷害保険も付帯なので海外旅行のお供にまず1枚持っていて安心。

・日本で唯一の国際ブランド JCBのオリジナルカード

国内の利用に強いJCB。街のJCB ORIGINAL SERIES独自のポイント優待店での利用でポイントが2倍などお得に貯まる。こちらもネットショッピングは「Oki Doki ランド」経由で最大20倍と高還元。

JCBカードが使える海外加盟店も拡大中で、海外旅行傷害保険やショッピング保険など補償内容も充実。

海外旅行は万が一の盗難や紛失の危険回避のためにクレジットカード2枚を別々のところに入れて持つのがベスト。

どう持つ?こう持つ!2枚目、3枚目!

ポイント1 使いわけをすべし!

2枚目、3枚目のカードは使い道がないと結局のところ引き出しの隅においやられ最悪忘れ去られてしまうのがオチ。だからこそ使い分けが大事なんです。
ではどうやって使い分けるのか?
例えば
メインカード…交際費や旅行など外向けの利用にする。
サブカード…ネットショッピングや公共料金の支払いなど内向けの利用にする。

こうすると、1枚はお財布へ、2枚目はほっておいてもきちんと利用する事ができますし、お財布がカードだらけになる事もありません。

ポイント2 年会費はかけるべからず!

年会費をかけてもいいのは1枚だけ。2枚も年会費をかける必要はありません。
「なんで?」と思う方もいるでしょう。今のクレジットカードは年会費無料でも十分。
ポイントサービスや付帯サービスも充実しているので、わざわざ2枚共に年会費をかける必要性はないのです。

ポイント3 同じ国際ブランドを持つべからず!

クレジットカードの国際ブランドと言えば「VISA」、「MasterCard」、「JCB」、「Diners Club Card」、「American express」とありますが、同じ国際ブランドを持つのはNG。必ずしも1つのブランドだけで世界中使えるとは限らないのです。
日本国内であってもまだ「Diners Club Card」や「American express」は利用できる場所が限られている所があり、また逆に海外であれば昔より利用できる所は増えましたがJCBブランドに関してはVISA、MasterCardに比べるとまだ利用箇所が限られてしまいます。

この国際ブランドは持っておこう!
国内外で幅広く使えるのはやっぱり「VISA」。その次に「MasterCard」。
国内限定利用であれば「JCB」、「MasterCard」があれば安心。

ポイント4 マイレージ貯めるなら同じ航空会社であれ。

マイレージとは航空会社が提供しているポイントサービスです。
このマイレージを貯めると無料特典航空券に交換する事ができます。「タダで飛行機に乗れてしまう」わけです。
このマイレージは利用するクレジットカードにより貯められる航空会社のマイルが異なります。
なので、2枚目、3枚目を持つ時は同じ航空会社のマイレージにしましょう。
そうすれば1枚のクレジットカードを使うよりも、マイレージをより効率的に貯める事ができるのです。