クレジットヒストリー(通称:クレヒス)って何?

  1. クレジットカードNow
  2. ビギナー講座
  3. クレジットヒストリーって何?
新規入会+利用でもれなくポイント進呈!
目的別ランキング
クレジットカードNow
おすすめ比較
旅行&マイル
生活のお得度
電子マネー付帯
生活スタイルで比較
ブランドで比較
特集
海外旅行特集
ビギナー講座
発行会社で比較
【特集ページ】クレジットヒストリーって何?
クレジットヒストリーって何?

クレジットヒストリー(通称:クレヒス)とは日本語で「信用履歴」という意味です。

これはカード会社からの請求に対して、きちんと期日通りに支払われたかどうかの履歴となり、クレジットカードやキャッシングなどあなたの返済履歴などをすべての情報を閲覧する事ができます。

また、このクレジットヒストリーは新たにクレジットカードやローン等を作る際にカード会社が「審査」する上で一番重要なものとなります。

このクレジットカードの信用履歴がきれいな状態であれば住宅ローンを始めゴールドカードまで利用者にとって有利な条件で手に入れる事ができるのです。

では有利な条件でクレジットカードの申込みやローンの申込みをするにはどういう状態がベストなのでしょうか。

「毎月定期的にカードの利用があり、延滞せずに料金を支払っている。」

太字になっている所が重要なポイントです。これだけ守っていれば有利な条件でクレジットカードやローンの申込みが可能となります。

初めてのクレヒスはどう作る?

クレジットカードやローンなど初めて申込みをする場合、当然あなたの信用履歴は真っ白です。前記で述べた様にカード会社が「審査」を行う際、必ずこの「クレジットヒストリー」を基準にします。

では、初めて申込みをする場合はどうなのでしょうか。

初めてクレジットカードの申込みをする場合、「審査に落ちる」という事はないでしょう。ですが、「ある程度の年齢」がいっていて、「信用履歴がない」場合は審査に落ちる可能性もあります。

なぜ、落ちるかというと信用履歴は「5年」で更新されてしまい、一切履歴が残らないためカード会社は過去に遅れがあった場合でも5年経過してしまえば履歴を見ることができないのです。

そのためカード会社は「記録が消えてしまうのを待っていたのではないか」と疑いをかけるのです。

クレジットカードは学生又は若いうちから持ち、信用履歴をコツコツ育てた方が利用者にとってはとても有利になるのです。

信用情報は個人でもお取り寄せ可能

このクレヒスはCIC(シー・アイ・シー)で一括管理されています。また、このクレヒスは個人で取り寄せる事が可能です。個人で取り寄せる場合、方法は2つ。

1.CICに直接出向く

直接出向く場合は本人又は代理人からの申込みが可能です。本人申込みの場合、開示手数料として500円、代理人の場合は1,000円必要となります。

2.郵送で取り寄せる

郵送で取り寄せる場合、開示手数料として定額小為替証書1,000円分が必要となります。

これは書類を返送する際に同封し送ります。

どちらも申込みの際、本人確認書類が必要です。

■信用情報のお取り寄せはこちらから

直接出向く場合はこちら

郵送でのお取り寄せはこちら

これが信用情報開示報告書

信用履歴を取り寄せると下記の内容が掲載されたA4サイズの書面がもらえます。

その中に「信用情報開示報告書(クレジット情報)」という用紙があります。これはあなたがどのクレジットカードと契約していて、いつ契約したか、どのくらいの利用限度額があるか、などの情報がすべて記載されています。

これが信用情報開示報告書!
信用情報開示報告書

信用情報開示報告書には様々な内容が記載されていますが、ここでは代表的な「クレジット情報」の内訳を見てみましょう。

【クレジット情報】

〈本人の情報〉
・氏名
・生年月日
・郵便番号
・住所
・勤務先名
・勤務先電話番号
・運転免許番号
・確認日
〈契約内容〉
・契約の種類
・契約日
・極度額(限度額)
・内キャッシング限度額
・商品名略称
〈支払い状況〉
・残債額(支払い残高)
・内キャッシング残債額(キャッシング残高)
・入金状況
・請求額
・入金額

クレジット情報だけでもこれだけの内容が書かれています。クレジットカードを作る際、情報を入力するはこの為なのです。

また、クレジットカード会社は審査の際すべてに目を通しますが、特にこの「クレジット情報」を見て審査を行うと言われています。

では、どこに注目すればいいのでしょうか。

注目するところは「入金状況」です。

入金状況がポイント!

この入金状況はきちんと支払いがされているか、されていないかが月単位(上部)とコード(下部)ではっきりとわかってしまうのです。

■コードの見方

コード 内容
$ 当月請求額どおり(それ以上)入金された
A お客様の事情で入金がなかった(未入金)
- 当月、請求もなく入金もなかった(クレジット利用無し)
B お客様以外の理由で入金がなかった
C 入金されていないが、その原因が明らかでない
P 当月請求額の一部が入金された
R お客様以外から入金があった
空欄 クレジット会社から情報の更新がなかった

一番BESTな状態が「$」。「A」や「P」が1つでも付くと2、3枚目のクレジットカードを作るときに審査で落ちる可能性があります。

■これがBEST!延滞も利用期間無しもない。きれいなクレヒス

入金状況 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2
$ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $

見ると「$」が全部になっています。これは毎月定期的に利用し、延滞が一切ない状態。ゴールドカードやステータス会員を目指すのであればこれは必須です。

■そこそこ優良とみなされるクレヒス

入金状況 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2
$ $ $ $ $ $

定期的な利用はないものの、支払いはきちんとされています。まず次にクレジットカードを持つ場合審査には影響はありません。

■低評価のクレヒス

入金状況 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2
$ A $ $ A $ $ $ $ $ A $

見ると上の2つとは別物です。「A」が付いてしまったクレヒスは、次にクレジットカードを持つ場合、審査で落ちる可能性アリです。

どうでしたか?クレジットヒストリーは利用者にとってとても重要なものなのです。

クレジットカードを既に持っている方も、これから持とうと検討している方もクレジットカードを持った時点からあなたのクレジットヒストリーは育っていきます。

クレジットカードは、ただ便利なだけではなく利用者とカード会社の間に信用が築かれ、初めてその便利さがあるのではないでしょうか。

これからのクレジットカードライフをより便利にする為、クレジットヒストリーの開示をしてみるのもいいかもしれません。

特集記事 INDEX
特集記事-01
特集記事-02
特集記事-03
特集記事-04
特集記事-05
特集記事-06
特集記事-07

今月のPickUp!

三井住友VISAクラシックカード

【CM中!】新規入会と利用で10,500円キャッシュバック

楽天カード

年会費永久無料。楽天市場をはじめ、ネットショッピングユーザー必携カード。

クレNow特集
新着おすすめ情報
ビギナー口座
カード選びの決め手
クレジットカード選びの決め手

クレジットカードを持っている人が、どんな点を基準に選んでいるのかを検証

クレジットカードの基礎知識
クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの機能や支払い方法などの基礎知識や便利な使い方などを紹介

クレジットカードの名称
クレジットカードの名称

ゴールドカード、学生カード、プレミアムなど、クレジットカードの名称と性格を解説

国際ブランド5種類
国際ブランド5種類

VISA、master、JCB。その違いは?国際ブランドと呼ばれる5つのブランドを解説

発行会社とサービス
発行会社とサービス

クレジットカードの機能や特長、サービスの種類を発行会社とそのサービスを元に解説

メリットとデメリット
メリットとデメリット

ポイント獲得やセキュリティの不安など、カードのメリットとデメリットを双方で考察

クレジットカードヒストリー
クレジットカードヒストリー

長期利用は優良顧客の証。使用履歴で構築されるクレジットヒストリー(信用履歴)とは?