学生時代に持つならこのカード!専門、短大、大学生は必携!

  1. クレジットカードNow
  2. クレジットカード特集
  3. 学生専用クレカ特集
新規入会+利用でもれなくポイント進呈!
目的別ランキング
クレジットカードNow
おすすめ比較
旅行&マイル
生活のお得度
電子マネー付帯
生活スタイルで比較
ブランドで比較
特集
海外旅行特集
ビギナー講座
発行会社で比較

専門、短大、大学生は必携!学生時代に持つならこのカード

 クレジットカードは生活費をはじめ、交際費やネットショッピングなど、カード一枚で決算出来るためとても便利です。

現在では学生の方もほとんど方がクレジットカードを所持するようになりました。ですが、クレジットカードを選ぶ時は、元々学生証に付帯しているものを利用したり、お店や銀行で進められて「なんとなく」申し込んだまま使用する方が多いのです。

でも、今のカードに満足していますか? 卒業して社会人になっても使い続けたいですか? と質問すると多くの人が、「なんとなく」でつくったカードを卒業と同時に「解約」してしまうのが現状。 社会人になり自分に合った使いやすいカードを探す方も、将来ゴールドカードやステータスカードを持ちたい方もゼロからのスタートになってしまいます。

すでに「なんとなく」でカードを作ってしまった方も、これからカードを作ろうと思っている方も今が肝心!

どうせ利用するならクレジットカードを良く知り、自分に合った将来も使い続ける確実な一枚を選びましょう。

おすすめ学生専用クレジッドカード

  MUFG
イニシャルカード
学生専用
ライフカード
三井住友VISAクラシックカード(学生) JCB CARD
EXTAGE
MUFG イニシャルカードお申し込み 学生専用 ライフカードお申し込み 三井住友VISAクラシックカード(学生)お申し込み JCB CARD EXTAGEお申し込み
国際ブランド VISA MASTER CARD JCB VISA MASTER CARD VISA MASTER CARD JCB
申込条件 原則として18〜29歳までの学生の方。(高校生を除く)未成年の場合、親権者の同意が必要。 高校生を除く満18歳以上満25歳以下で、大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中の方。未成年の場合、親権者の同意が必要。 満18歳以上(高校生は除く)の方。未成年の場合、親権者の同意が必要。 18歳以上29歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上29歳以下で学生の方。
特徴 入会から3ヶ月間は基本ポイント付与が3倍!また、いつものネットショッピングも「POINT名人.com」にすれば最大25倍のポイント付与。 誕生日月はポイント5倍。その他ボーナスポイントが豊富!学生限定の特典も多数有。 自転車搭乗中や接触事故による死傷させた場合や他人の財物に損害を与えた場合、賠償する「ライフ&スポーツ賠償付自転車保険」に任意で加入可能。 5年間はカード利用分のポイント付与が通常の1.5倍となり、更に入会後3ヶ月間はポイント3倍!海外利用でもポイントが2倍となる。
卒業後 「MUFGカードゴールド(年会費:1,905円(税抜))」へ自動的にステップアップ。 継続利用可(年会費:無料)。但し海外旅行保険(自動付帯)は対象外。 「三井住友VISAクラシックカード(年会費:1,250円(税抜))」へ自動的にステップアップ。 初回更新時(5年後)、自動的にJCB一般カード(年会費:1,250円(税抜))へステップアップ。
年会費 初年度 在学中無料 在学中無料 在学中無料 在学中無料
2年目以降
ポイント
還元率
0.5% 0.5% 0.45% 0.47%
付帯保険 国内 - - - -
海外 最高2,000万円 最高2,000万円 最高2,000万円 最高2,000万円
買い物 年間最高100万円 - 年間100万円まで 年間最高100万円
年間
10万円
使うと
もらえる
ポイント
100pt 100pt 100pt 100pt
還元(円) 500円 500円 450円 470円
マイル還元率 0.2% 0.33% 0.3% 0.3%
変更可能
マイル
JAL ANA ANA JAL/ANA
申込・詳細 お申し込み
さらに詳しく
お申し込み
さらに詳しく
お申し込み
さらに詳しく
お申し込み
さらに詳しく

≫その他の学生専用クレジットカードを見る

学生時代にクレジットカードを持つメリット&デメリット

メリット
  1. 支払いの一括管理で家計簿付け楽チン!
    一人暮らしをしている方も多い学生生活は「節約」が必須。家計簿を管理しなくても。WEB明細で管理が簡単になります。
  2. ポイントを貯める&利用するでお得!
    クレジットカードを利用するなら必ず押さえておきたいポイントシステム。貯めたポイントはギフト券、マイレージなどと交換が可能で色々お得です。
  3. 在学中無料で充実の付帯サービス!
    年会費無料でポイントシステムを始め、旅行には外せない旅行保険も付帯。旅行に良くいく方は旅行の度に簡易保険に加入するより断然お得です。
  4. クレジットカードヒストリー(通称:クレヒス)が育つ!
    学生時代からカードを持っているとの持っていないのとでは社会人になってカードを作る時に大きな差が。
    ゴールドカード、ステータスカードを目指すなら学生時代からクレヒスをコツコツ貯めるのがBEST!
デメリット
  1. カードの利用限度額が低い
    学生用クレジットカードの利用限度額は低いです。収入が限られてしまう学生は10〜最高30万円が限界。
    30万円の限度額は中々ないと思った方が良いでしょう。
  2. 使い過ぎる
    クレジットカード利用で一番気をつけなければいけないのが「使い過ぎ」。カード払いができるからといって使い過ぎにはご用心!必ず計画性を持って利用をしましょう。

学生専用クレジットカード選びのポイント!

ポイントの高還元率カードが狙い目!

ポイント還元率とはカードの利用額に対して還元(戻ってくる)される金額の割合のこと。利用するカードによって還元率はさまざま。
「ポイント還元率」で選ぶなら高還元率のカードを選ぶのがBEST!

一人暮らしをしている学生さんにつきものの「節約」。節約必須なら高還元率のクレジットカードで恩恵を受けるのがお得ライフを送る秘訣!

国内旅行派?海外旅行派?

意外と気にしないのが「国際ブランド」。こだわりがなくても「適当」はNG。自分がどういった状況でクレジットカードを使うのか把握し、どの国際ブランドを選ぶのかで利便性は決まります。

在学中のみ利用+国内限定
「卒業旅行も国内、海外なんて行かない。」という方なら「JCB」がおススメ。
国内中心の利用であればJCBブランドは国内では抜群の力を発揮します。
長期利用+国内外で利用
「卒業旅行は絶対海外!社会人になっても使う。」という型なら「VISA」か「MasterCard」。
国内を始め海外でもかなり重宝するブランドです。VISA、Masterであれば1枚で世界中通用します。
クレジットカードとの末永いお付き合い?

学生専用のクレジットカードは在学中であれば年会費無料!
ですが卒業後、最初のカード更新時に一般カードへステップアップできるカードがほとんどなので自分の利用頻度を考えながら学生専用のクレジットカードを選ぶのがBESTです。

〜ステップアップ時の年会費〜

在学中   ステップアップ後
カード名 年会費 カード名 年会費
MUFGイニシャルカード 無料 MUFGカードゴールド 1,905円(税抜)
学生専用ライフカード 無料 ライフカード※1 無料
三井住友VISAクラシックカード(学生) 無料 三井住友VISAクラシックカード 1,250円(税抜)※2
JCB CARD EXTAGE 無料 JCB一般カード 1,250円(税抜)

※1一般カードへ移行後、「海外旅行保険」、「キャッシュバックサービス」は対象外。
※2「マイ・ペイすリボ(無料)」+「web明細サービス(無料)」で年会費無料。

カードフェイスは「Simple Is The Best」

会計時に見せるクレジットカード。中身はもちろん、カードフェイスにもこだわりたいもの。
友達の前、デート、旅行などで利用機会が増えるクレジットカードは派手過ぎてもNG!

末永くクレジットカードとお付き合いをするならシンプルが一番です。

将来は目指すゴールド?ステータス?

クレジットカードを利用しているとゴールドカード、ステータスカード(ブラック&プラチナ)を持ちたいと思う人も出てくるのではないでしょうか。ゴールドカードやステータスカードを目指すのであればプロパーカード(クレジットカード会社自体が発行しているカード)からスタートするのがゴールド、ステータスカードへの近道になります。

大人の階段への第一歩は学生時代のクレジットカード履歴(クレヒス)が大事なのです。

申し込みに必要なもの&こと

学生時代に持つクレジットカードには必ず必要なものと必要なことがあります。

■必要なもの
カード会社により若干異なる場合がありますが、基本的には下記2点があれば申込みは可能です。
  1. 在学の学生証コピー
  2. 本人確認書類(免許証、住民票、パスポート)のコピー
■必要なこと
申込み者が未成年(高校生を除く満18歳以上)の場合、親権者の同意が必ず必要です。
親権者の同意確認は電話又は指定書類への記入が必要となります。

〜How To両親の説得方法〜

未成年者でクレジットカードを持つ場合、必ずと言っていいほど親権者の同意が必要です。「未成年者がクレジットカードを持つ」というのは親に取ってみれば、「使い過ぎないか」、「落としたらどうするんだ」と不安がつきものです。

そこで、クレジットカードを持ちたい未成年者の方にお届けします!

※あくまで仮想空間の為、実際に説得できない場合がございます。その際は自力で説得をして下さい(笑)

それとなく独り言でアピール

「もうすぐ1人暮らしか〜」「意外とお金かかるんだよね〜」
「あっそっかクレジットカードならポイントでギフト券とかもらえるんだっけ?」
「でも未成年だから親権者の同意が必要なんだよね〜」

台所にいるお母さん、新聞を読んでいるお父さんの近くで独り言を言ってみて下さい。

話にノッてきたらすぐさまクレジットカードが欲しい旨を熱く語ってみましょう。
「使い過ぎるなよ」って言って同意してくれるかもしれません。

変化球勝負

リビングにPCがあるならこれを使わない手はありません!
ですが、直球勝負は打たれる可能性があるので変化球を使いましょう。

電源を立ち上げます。
「これだ!」と思ったHP(このサイト?)を開いたまま席を離れます。

会社から帰ってきたお父さん、食事の支度が一段落ついたお母さんにページを見てもらいます。

これでクレジットカードGETです。

祖父母経由

1〜2で説得がどうしても出来ない。又はやってらんねぇ。と思った方はこれを使えばいいのです。直接親に言えないといった事もあるでしょう。ここで登場するのが、祖父母です。おばあちゃん、おじいちゃんはアナタの味方です。

まず、なんでクレジットカードが欲しいのかを祖父母に伝えましょう。

ただ欲しいからではダメです。そして思いのたけを伝えた後は

「直接言うと断られるから…」と少しモジモジしましょう。

そして祖父母と一緒にアナタの両親にアタック。