ANAダイナースカード新規入会キャンペーン

ゴールドカードの保険・補償内容

旅行の際の病気や災害・事故によるけがなど、万が一を補償してくれる保険が充実。

また、カードを利用して購入した商品が盗難や故障などのトラブルによって発生した損害も補償してくれる保険も付帯。

ここでは、ゴールドカードならではの充実した保険の適用範囲や補償内容などを各種ご紹介します。

旅行時の保険について

一部のクレジットカードには、海外旅行・国内旅行時に一定額までを補償する保険が付帯しています。実はクレジットカード会員の中にも、保険について知らないという方も多くいらっしゃいます。当サイトで紹介しているゴールドカードはすべてのカードに保険が付帯されています。その内容は下記の通り。

海外旅行傷害保険

海外旅行時のけがや病気・その他トラブルについて補償してくれる保険です。補償内容は国内旅行保険と比べて多岐にわたっており、補償額も国内旅行より充実しているものも多くあります。具体的な補償される場面は下記のとおりです。

海外旅行保険の補償内容の詳細
ケース 補償内容・補償されるケース
傷害死亡・後遺障害 海外旅行時の事故による死亡やけがののち死に至るケース。または後遺障害が残ったケースに適用されます。 通常、補償額はもっとも大きくなります。
障害治療費用 海外旅行中に治療が必要となり、医師の診察や治療を受けた場合に支払われます。
疾病治療費用 海外旅行中の発病または海外旅行を原因とする疾病により医師の治療を受けた場合に支払われます。
賠償責任 海外旅行中に誤って他人の財物を損壊させたり、他人をけがさせてしまい、損害賠償の請求を受けた場合に支払われます。
携行品損害 海外旅行中に携行する身の回り品の損壊や盗難を補償してくれます。
この補償のみ1回の旅行中を基準に限度額が設定されています。
救援者渡航費用 海外旅行中のけがや病気による死亡・入院、行方不明などで、救援者が現地に行く必要が生じた場合の渡航費用を補償。

上記はあくまで一般的なものであり、各カードによって若干規定内容に差があるので、入会の申込時に確認するようにしてください。

国内旅行傷害保険

海外旅行同様、国内旅行でも補償制度があります。国内旅行に関する補償は、年会費無料のカードなどではついていないケースも多いですが、ゴールドカードなら付帯率はほぼ100%です。

国内旅行保険の補償内容の詳細
ケース 補償内容・補償されるケース
傷害死亡・後遺障害

(1)国内旅行中、公共の交通機関搭乗中に左記の被害を被った場合。

(2)国内旅行中、宿泊施設の火事や爆発などにより、左記の被害を被った場合。

入院
手術
通院

自動付帯と利用付帯について

旅行時の保険には、自動付帯と利用付帯の二つのケースがあります。自動付帯というのは、カードを所持さえしていれば自動的に保険対象となる保険のことで、逆に利用付帯の場合は旅行代金の支払いを対象のゴールドカードで支払っていない場合、保険対象とはなりません。ゴールドカードの中には、満額のうち一部を自動付帯、残部を利用付帯と金額で分割している場合もありますので、申込の際にはご確認を。

利用付帯ではもしもの際に心配と思うかもしれませんが、特に海外に行かれるような場合は、支払額も多額になるので、常にカードで支払っていれば補償対象外となる心配もありません。

お買物(ショッピング)時の保険について

クレジットカードでの支払いであれば、購入品が盗難に遭ったり、不慮の事故等で損壊してしまった場合に、お買い物金額を補償してくれます。この場合の補償額は、おおむね年会費に比例します。なお、郵送による購入の場合は郵送時の損壊も含まれます。

また、ショッピング保険ついては、一回の事故における自己負担分が設定されている場合もありますし、補償対象外となる商品もありますので、これらについては申込時にご確認ください。

インターネット不正利用について

当サイトで紹介するゴールドカードでは、ほとんどのカードでインターネットでの物品の購入その他でカード情報を入力した場合の、不正利用についても補償しています。ネットショッピングなどをする機会が多いという方は、当該保険・補償に優れたカードをお選びいただければもしもの時に安全です。

なお、当サイトでご紹介しているゴールドカードの中には、航空便の遅延による損害の補償や、空き巣被害見舞金など、他社にはない独自の保険・補償が含まれているものもありますので、保険を中心にゴールドカードをお選びになる場合は、一度カードの詳細まで目をお通しいただければと思います。

登録したお気に入りカード一覧
お気に入りカード 一覧
お気に入り機能の使い方
  • 右の各カード画像下にある比較ボタンを押すと、お気に入り登録している全カードを比較することができます。
  • 他のサイトへ行ったり、一度ブラウザを閉じても再訪問時には前回のお気に入りを記憶。
  • 5秒ほど放置するとこちらのボックスは最小化されます。